ブログ

blog

グルタチオン点滴

2018/02/20

クリニック

今日、院長がグルタチオン点滴をしました(^^)

グルタチオンとは?

人間の体内に広く分布するアミノ酸が3つ結合したペプチドという化合物です。
強力な抗酸化作用があるので、人間の身体をさびつきから守ってくれる代表的な物質です。
免疫システムにおいても重要な役割を担っており、アレルギーや喘息などを抑える効果もありますが、20代をピークに、加齢とともに体内では減少していきます。
肝臓の解毒を助ける働きもあるので、ウイルスやアルコールによる肝障害にも効果があるほか
アメリカでは多くの疾患に対して、このグルタチオン点滴療法が行われています。
とくに、パーキンソン病に対するグルタチオン大量点滴療法は、通常のパーキンソン病に対する治療薬が効かない例に対しての臨床試験も行われており症例によっては非常に効果が認められています。
なお、パーキンソン病に対しては、ビタミンB12との組み合わせて投与するのがよいとされています。
また、グルタチオンは、抗ガン剤の副作用で見られる末しょう神経障害に対しても有効です。
さらに多発性硬化症や線維性筋痛症といった特効薬のない難病の治療に対しても用いられており、多発性硬化症では神経症状の緩和、線維性筋痛症では疼痛緩和などの効果が見られています。
グルタチオンは胃腸ではほとんど体内に吸収されません。
そのため、経口では大きな効果が期待できないため点滴で投与するのが一般的です。

 

グルタチオン点滴療法は、以下のような症状・疾患に適応があります

 

・疲れやすい・慢性疲労
・風邪を引きやすい
・食欲不振や全身の倦怠感
・気管支喘息
・アレルギーがある
・湿疹、皮膚炎、じんましんなどの皮膚疾患
・炎症後の色素沈着
・肝炎、脂肪肝、すい炎
・アンチエイジング(抗酸化)
・肝斑
・パーキンソン病 など

 

グルタチオン点滴は、グルタチオンと生理食塩水ですが

今日は、肝臓での解毒をサポートする強力ネオミノファーゲンシーと筋緊張による疲れがとれるマグネシウムも入れました!

点滴の前は、肩こりと頭痛で悩んでいましたが

点滴終了後すぐに肩こりも頭痛も治ったと言っていました♪(マグネシウムの効果だそうです)

副作用として食欲不振、嘔吐などがおこることもあります。

 

肝斑の方のために肝斑治療コースとしてレーザーにグルタチオン点滴をセットにしたコースをご用意しています。

10回コース200000円です。

1回 5.000円 (自費診療)

(ほかの点滴と合わせる場合は3.000円になります。)

ひとりひとりに合った点滴療法をおこなう事も可能ですのでお問い合わせください。