ブログ

blog

  1. トップページ
  2. ブログ記事一覧
  3. 日々のこと
  4. 保育園のお泊りの後で子供の機嫌が悪くなった理由

保育園のお泊りの後で子供の機嫌が悪くなった理由

2018/07/03

日々のこと

先週末はヘルパンギーナと診断された下の子の熱は1日で下がり、元気になったので保育園イベントのお泊り会をしてきました。イベントに向けて体調を整えてくるあたり、さすが下の子です。みんなでバーベキューをし、蛍を見に行って、花火をして、子供達を寝かしつけてから親は飲み会というかなりハードなスケジュールでした。私は前日も夜更かしをしていたので体力的にかなりきつく、2日目は子供と一緒にお昼寝をしていました。

さて、楽しかったのですが、問題は食事でした。我が家では上の子がアトピーであるので普段はグルテンフリー、カゼインフリーにしていますが、こういったイベントではそれができないので子供達は普段食べていない小麦を食べることになります。今回は、カレーライスと流しそうめんを食べました。周りの子供達と同じものを食べる体験もさせてあげたいし、アトピーであることをコンプレックスに思ってほしくないので、こんな時は小麦を許容しています。上の子はそうめんをおなかいっぱい食べて満足そうでした。

翌月曜日にはいつもより機嫌が悪くわがままになりました。甘えたがりにもなりました。次の火曜日は今日ですが、朝保育園に行きたくないと泣きました。普段から主張が強く自分の想いを伝える性格の子ではありますが、明らかに小麦の影響が出ています。

グルテン過剰症って?(遅延型アレルギー)

小麦、不機嫌、原因でググると、グルテン過剰症を説明するサイトが出てきます。

「グルテン過敏症が、精神神経系に悪い影響を与えると、極端に感情の起伏が激しくなったり、常に、不安感を抱えたり、憂鬱な精神状態であったりします。」と、書いてあります。まさにうちの子の症状です。このサイトでは遅延型フードアレルギーについて書いています。

うちの子(上の子)も遅延型フードアレルギー検査をして様々なものに反応が出ています。小麦のほかに卵や乳製品で陽性反応でした。

今回の保育園お泊り会の後の不調は小麦の食べすぎによる遅延型フードアレルギーの症状かもしれませんし、グルテン不耐症で小麦によって腸内環境が悪くなった影響かもしれません。いずれにしても、こうやってイベントの度にご機嫌が悪くなるのと同時に湿疹が悪化するのにはもう慣れているので、覚悟ができています。ああまたきたな、ゆっくり休ませてあげよう、プロバイオティクスをいつもより多めにあげよう、みたいなケアをします。

ではよその子との交流はどうするのか?

調子が悪くなるからといって、よそのご家庭との交流を控えることはしていません。それは子供は楽しくないし、よその子と遊ぶことは発達に必要な大事な経験ですから。

事前にうちの子は小麦を食べないとお伝えすることはあります。これ食べると痒くなるよ、と伝えているので子供も理解してなんでも勝手に食べないようになりました。今4歳ですが、もっと大きくなれば自分で判断して調子が良い時は少量食べたり、断ったりできるようになると思います。

子供が小さいうちは何を食べさせるかは完全に親の責任でコントロールできると思います。これは親には大きな責任があるということになります。人は食べるものによってできている訳ですから(we are what we eat)、食べさせるものによって、子供の体格や性格や健康にも影響が出ます。なので食育は重要ですね。子供に食べさせるものには気を付けて、子供自身で自分に合う食べ物を選べるようになって欲しいと私は思います。