メニュー

院内ブログ

パルミチン酸レチノールとは?|パルミチン酸レチノール配合のおすすめ化粧品(2022.04.01更新)

レチノイド類のなかには「パルミチン酸レチノール」といった種類もあります。

多くの人は「レチノール」も「パルミチン酸レチノール」も同じように感じてしまうかもしれません。

そこで今回は「レチノールとパルミチン酸レチノールの違い」や「パルミチン酸レチノール配合の化粧品」について解説します。

また「レチノール配合のおすすめ化粧品」については以下の記事で解説しているので、そちらも参考にしてください。

レチノール配合化粧品の選び方|おすすめの濃度と正しい使い方

 

パルミチン酸レチノールとは

前提として、レチノールとパルミチン酸レチノールは、どちらも「レチノイド」のなかの一つです。

レチノイドは、代謝を促進してターンオーバーを正常化したり、真皮の働きを活性化してコラーゲン生成を促したりする効果があり、しわやニキビの改善に効果があります。

これらの効果に関しては、レチノールもパルミチン酸レチノールも同様です。

パルミチン酸レチノールはレチノールの安定性を高めるために、パルミチン酸を加えています。

 

パルミチン酸レチノールの配合濃度

パルミチン酸レチノールの配合濃度には、上限があります。

パルミチン酸レチノールが配合されているものは、化粧品の他にも、シャンプーや石鹸、育毛剤などがありますが、いずれにおいても上限は250,000IUです。
※IUとは、薬理学で用いられる、生体に対する効力の量を表す単位。重量換算で約0.04%に相当。

つまり、一般的な化粧品の場合は、パルミチン酸レチノールの配合量が0.04%以下のものしか購入できません。

0.04%と聞くと、濃度が低く、効果に不安を感じるかもしれませんが、レチノール類は濃度が低くても十分効果を発揮します。

むしろ、高濃度のものは副作用が出る可能性もあるため、できる限り低濃度のものから使うのがおすすめです。

 

パルミチン酸レチノールの肌への刺激

パルミチン酸レチノールは、肌への刺激が低い点でメリットがあります。

様々なレチノールを比べると、皮膚への刺激や安定性は、以下のようになります。

  皮膚への刺激 安定性
パルミチン酸レチノール ★★★★★
プロピオン酸レチノール ★★★★★
酢酸レチノール ★★ ★★★★
レチノール ★★★
レチナール ★★
レチノイン酸 ★★★★★

上記のように、パルミチン酸レチノールは、皮膚への刺激は低く、安定性が高いです。

 

パルミチン酸レチノール配合のおすすめ化粧品

パルミチン酸レチノールが配合されているおすすめの化粧品を3つ紹介します。

肌への刺激が気になる人は、レチノール配合ではなく、パルミチン酸レチノール配合から始めてみてください。

ただし、いずれにしても、過去にレチノール配合化粧品を使用して副作用が出た方は控えてください。

 

レダミック R アイクリーム(ラロッシュポゼ)

参考価格 3,740円
使用方法 目の周りに指の腹で優しく塗布
パルミチン酸レチノール以外のおすすめ成分 ヒアルロン酸、カフェインなど

レダミック R アイクリームは、敏感肌の人向けのパルミチン酸レチノール配合化粧品です。

名前のとおり、目元のシワに効果があり、ハリのある目元へと導いてくれます。

さらに、ヒアルロン酸やカフェインの効果も手伝い、きめ細やかでふっくらな肌への改善が期待できるでしょう。

敏感肌の人向けの商品ですが、パルミチン酸レチノール配合を初めて使用する人は、1日置きに使ったり少量を使ったりと、少しずつ慣らすようにしてください。

 

バウンシングケア ローション(アクアレーベル)

参考価格 1,760円
使用方法 洗顔後、手のひらに500円硬貨大をとり、顔全体になじませます。
パルミチン酸レチノール以外のおすすめ成分 ヒアルロン酸、トラネキサム酸など

バウンシングケア ローションは、シミ予防や乾燥をケアできる化粧水です。

バウンシングケア ローションには、みずみずしいイプと濃くのあるしっとりタイプの2種類あります。

それぞれは好みですが、ベタつきが気になる人には、みずみずしいタイプがおすすめです。

どちらも配合されている成分は変わらず、パルミチン酸レチノールに加えて、ヒアルロン酸にトラネキサム酸も配合されているので、ハリやしわに効果的。

メラニンの生成を抑えて、シミやそばかすの予防にもなります。

 

モイスチュア リッチ エッセンスアイクリーム(セザンヌ)

参考価格 990円
使用方法 化粧水や乳液などでお肌を整えた後、目のまわりに適量を優しくなじませます。
パルミチン酸レチノール以外のおすすめ成分 コラーゲン、ヒアルロン酸など

モイスチュア リッチ エッセンスアイクリームは、プチプラコスメとして人気です。

パルミチン酸レチノールに加え、コラーゲンにヒアルロン酸まで配合されて990円。

乾燥によるくすみをケアして、明るい目元に導いてくれます。

ただし、テクスチャが硬く、べたつきがあるので、べたつきが気になる人には向いていません。

 

エンビロンシリーズ

エンビロンは、ビタミンAを配合しているスキンケア商品で、パルミチン酸レチノールが含まれています。

「シリーズ」として紹介しているように、以下のような商品があります。

  • ボディケアシリーズ……全身に使える
  • モイスチャーシリーズ……日々のスキンケアにおすすめ
  • C-クエンスシリーズ……エンビロンのなかでも結果重視で開発
  • フォーカスヴァインブランスプラス……年齢に応じた悩みに対応するエイジングケア
  • フォーカスモイスチャープラス……乾燥肌向けの集中保湿
  • フォーカスエヴァネッセントプラス……美白に特化
  • フォーカスケアスキンプラス……敏感肌向け
  • プレパレーションシリーズ……肌を整えるワンランク上のスキンケア

価格は10,000円以上と効果ですが、当院でも人気の高い商品です。

エンビロンシリーズは、公式オンラインストアやインターネットでも購入できますが、クリニックやサロンでの購入が推奨されています。

このシリーズの中で、予算を抑えて日常的にビタミンA配合化粧品を使いたい場合はモイスチャーシリーズで十分だと考えています。

モイスチャーシリーズでは月々10000円程度で使用することが出来ます。

レチノール反応をうまく抑えながらレチノイドの効果を引き出すようにうまく作られたスキンケアシリーズです。

どのシリーズを使うべきかわからない場合は、カウンセリング時に相談してください。

 

まとめ

レチノールと比べて、パルミチン酸レチノール配合の化粧品は肌への刺激が弱いので、レチノール初心者におすすめです。

パルミチン酸レチノールが配合されている化粧品は、数多くあるので、ぜひ一度試してみてください。

ただし、レチノールの副作用が気になる人や敏感肌の人は、まずは少量から使って、肌の反応を見てみましょう。

あまりにも不安だったり、過去にパルミチン酸レチノール配合の化粧品で何かしらのトラブルが出てしまったりした人は、一度美容皮膚科まで相談してください。

 

名古屋市昭和区のニキビ治療なら当院で

 

文責 いりなか駅前皮フ科ビューティークリニック  院長 祖父江 千紗

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME