メニュー

GWに増えちゃった体重を簡単にもとに戻す方法

[2020.05.08]

GWいかがお過ごしでしたか?

旅行もできないし、仕事は休みだし、外食もできないので家での食事くらいは楽しみたいと焼肉を3日続けて食べたという方もいらっしゃると思います。(我が家だけ?)

運動をしたくてもなかなかできず、近所の公園を散歩するだけでは食べた分を取り戻すことはできず体重が増えちゃった!という結果になります。

 

そんな時に増えた体重を元に戻す方法として私がオススメしたいのはプチファスティングです。

リーンゲインズと呼ばれているファスティング法をご紹介します。

動画はこちら

 

ファスティングというと断食合宿で1週間断食しましょう、というつらいイメージがあるかもしれませんが、リーンゲインズは全然辛くないんです。

本格的なファスティングで何日か食事を摂らないのであれば、事前の体調チェックも必要ですし、ファスティング時も専門家の指導のもとで行わないと危険です。

リーンゲインズであれば素人がまずやってみても安全ですので安心して取り組むことができます。という訳で、GWで増えた体重を元に戻すために早速今日から実践できる方法をご紹介します。

 

リーンゲインズは食事の時間帯をコントロールすることになります。

基本は8時間の食事と16時間の断食を繰り返します。特に男性に合うダイエット法とされていて、女性が行う場合には断食時間を12-14時間の間に設定します。

 

男性の例:朝食を抜いて昼食を12時に食べ、夕食を20時までに食べ終わります。これを毎日繰り返す。

 

女性の例:朝食を遅めの時間(9時)に食べる、昼は普通に食べて、夕食は20時までに食べ終わる。

 

こうやって書くと女性は普通に3食食べることになります。女性は空腹時間を長くとることが体に合わないため、朝食を抜くことがオススメできないです。

では男性にしか使えないダイエット法かというとそんなことはなくて、女性も夕食を遅くまで食べすぎた時には有効です。例えば飲み会で夜23時まで食事をしていたら、翌朝11時までは食事をとらない、つまり朝食を抜くことになります。この考え方を知っておくと、習慣で食事をするのではなく朝食の時間をコントロールすることができます。そうすることで胃腸が休まり、過度に食べてしまうことを防ぐことができます。

リーンゲインズだけでは短期的にダイエットをすることは難しいですが、長期的に食べすぎを防ぎ、胃腸の健康を保つためには役に立ちます。

 

もっと痩せたい女性のために、リーンゲインズと酵素ファスティングを組み合わせた方法をご紹介します。

男性並みにリーンゲインズをして12時から20時までに食事を済ませる方法は女性には合わないとお伝えしましたが、低血糖になるのを防ぐために朝食を抜いた代わりに酵素ドリンクを飲む方法が取り入れやすく、安全でかつ辛くないので続けやすいです。

朝食を抜いて、その代わりに酵素ドリンクを飲む、昼と夜は普通に食べる。簡単ではないですか?

 

ではカロリー計算してみましょう。本来は同じ料理でも量によってカロリーは変わるのですが、単純にするために今回は概算です。

ごはんに味噌汁・納豆・お浸しという朝食メニューだと約350kcal程度

バタートーストにウインナー・サラダというメニューだと約400kcal程度

それを酵素ドリンクだと100kcal程度

カロリーが250-300kcal抑えられます。

昼と夜は普通に食べられるので生活を大きく変える必要もなく、辛くなく続けやすい方法です。

 

注意点

○リーンゲインズは本来トレーニングをする人のためのもの。トレーニングをする日は糖質量を増やしてください。

○朝食を抜いて良い人は昼と夜でしっかり必要な栄養をとれる人だけ。もともと食が細い人は試さないでださい。

○健康的に痩せようとダイエットを計画するなら運動を併用した方が良いです。

 

まとめ

今回ご紹介した方法は、短期的に少し増えちゃった体重を元に戻すには非常に良い方法だと思います。しかし、ずっと続けると栄養不足になる可能性もあるためオススメしません。

長期的にダイエットを計画する場合は、運動を併用しながら栄養不足にならないようにもっと詳しく食べ物をコントロールした方が良いです。1週間程度を目安にやってみると良いかと思います。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME