メニュー

VIO脱毛の部位はどこ?脱毛にかかる期間やおすすめの形を解説

[2021.12.21]

脱毛の部位のなかで、女性人気が高いのはVIO脱毛です。

なんとなく「VIO脱毛」という言葉を聞いたことがあるという人もいるでしょう。

そこで今回は、VIO脱毛について解説します。

メリットやおすすめの形、注意点まで解説するので、VIO脱毛に興味のある方は、参考にしてください。

 

VIOってどこ?

VIOは、名前の通り「Vライン・Iライン・Oライン」の3つに分かれます。

Vラインのみなど単体での脱毛も可能ですが、VIOラインとしてセットで脱毛する人が多いです。

以下では、VIOそれぞれの部位や痛み、脱毛する理由について解説します。

 

Vライン

Vラインは、デリケートゾーンの上部を指します。

具体的には、ショーツを履いた際に隠れる、三角形の部分です。

ビキニラインとも呼ばれており、ケアを行っていないと下着や水着をつけたときに、毛がはみ出してしまいます。

Vラインは、自身で処理をする人もいますが、おすすめしません。

とてもデリケートな部分であるため、カミソリなどで剃ると肌荒れする可能性があります。

ただし、比較的太い毛なので、脱毛の際に痛みを感じやすいです。

 

Iライン

Iラインは、Vラインの下、陰部の両サイドを指します。

Iラインに毛がある状態だと、生理中の経血やおりものが付着しやすくなるため、臭いやかゆみ、ムレの原因となります。

しかし、女性器の周りであるため、自分では処理しにくい部分です。

そのため、クリニックやサロンでの脱毛をおすすめします。

VIOラインのなかでは、もっとも痛みを感じやすい部分です。

 

Oライン

Oラインは、お尻の穴の周りを指します。

あくまで肛門周辺なので、お尻全体の脱毛ではありません。

Iライン同様、Oラインの毛は、排泄物や経穴などがつきやすいため、臭いの原因になりやすいです。

VIOラインのなかでは、最も痛みを感じにくい部分になります。

 

VIOの形・デザインは選べます

VIOラインは、どのように毛を残すか、デザインを決められます。

形やデザインは相談しながら決められるので、事前にスタッフまで相談してください。

参考として、人気のあるデザインは、以下のの5種類です。

  • ナチュラル……自然に近い形
  • トライアングル……ナチュラルよりも小さく、逆三角形に整える
  • オーバル……丸く自然な形
  • スクエア……小さめの四角形
  • ハイジニーナ……すべてを脱毛した状態

 

VIO脱毛にかかる期間

VIO脱毛にかかる期間は、肌質や毛の太さによって異なりますが、目安として5~10回の施術(約1-2年)です。

ただし、サロンかクリニックによっても異なります。

脱毛サロンの場合は、4~6回(約1年)で毛が薄くなり始め、8~12回(約2年)でやっと効果を感じられる程度です。

完全に綺麗になるまで、約3年ほどかかります。

一方で、クリニックの場合は5~10回(約1-2年)でほぼ綺麗になります。

医療脱毛とサロン脱毛で大きな差が出る理由は、使用できる機器が異なるためです。

医療脱毛で使用される機器は、医師の資格がなければ使用できないパワーの強い機器を使用しています。

そのため、サロンと比べて効果が高いのです。

当院で使用しているレーザーに関してはコチラ

 

VIO脱毛と生理について

前提として、生理中の全身脱毛については、クリニックやサロンによって対応が異なります。

生理中はホルモンバランスの変化が激しく、肌も敏感になっており、肌トラブルを起こしやすいためです。

生理中でも脱毛が可能かどうかは、事前に確認しておきましょう。

ただし、VIOラインに関しては、原則としてヒップとVIOの施術はできないと共通しています。

生理中はショーツを脱がないと照射できないため、衛生管理の観点からも対応できないのです。

当院では生理中の脱毛は、ヒップとVIO以外の部位については行っております。

施術日と生理が被ってしまった場合は、ヒップやVIO脱毛に関しては別日に予約をとるようにしてください。

 

まとめ

VIO脱毛に関しては、事前に相談しながら進めると良いでしょう。

VIOの形やデザイン、どの位の痛みがあるかなど、簡単に決められない部分も多いです。

一度脱毛してしまえば、当然やり直すことはできないので、慎重に納得できるように進めていきましょう。

個人的には衛生的なハイジニーナがおすすめです(^^)

また、当院ではVIOセットの他、VラインのみやSパーツ(Oライン・Iライン)などのコースもご用意しています。

気になる部位のみの脱毛も可能なので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

文責 いりなか駅前皮フ科ビューティークリニック  院長 祖父江 千紗

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME