毛穴の開き・黒ずみ

Clinical informatio

  1. トップページ
  2. 診療案内
  3. 悩み別
  4. 毛穴の開き・黒ずみ

毛穴のお悩み

「毛穴の開きが気になる…」「小鼻の黒ずみが気になる」といったお悩みは、毛穴のお悩みの常に上位にあり、一度できてしまうとなかなか改善が難しいものです。当院では、患者さまに一人ひとりのお悩みに合わせて最善の治療法をご提案します。毛穴レスな美肌を一緒に目指しましょう。

 

●毛穴黒ずみ

毛穴に詰まった角栓がメラニン色素を含んで黒く見えたり、皮脂が酸化して黒くなったり、毛穴の周りに色素沈着が起こっている状態で、主に日焼けしやすい鼻やほほに生じやすいものです。

 

● 毛穴の開き

本来お肌の乾燥を防いでくれる皮脂ですが、食生活の乱れや急激な気温の変化、間違ったスキンケアにより分泌量が過剰になると、皮脂によって毛穴の出口が押し広げられて毛穴の開きが目立ってきます。

目立たなくする為にできること

まず、あなたの普段の生活を少し見直すことで、毛穴自体を目立たなくする事が出来ると思います。

 

1.スキンケア
正しい洗顔と保湿が大切です。
洗いすぎてしまうと、肌に必要な皮脂まで取り除かれてしまい肌が無防備な状態になって、ドライスキンの原因となり毛穴が開きやすくなります。安易にピーリングをしてかえって毛穴が目立ってしまったことはありませんか?これも皮脂が減ってしまったからです。
必要な皮脂を残した状態で保湿すると、浸透性が増して肌本来の力が引き出されます。石鹸を使わずにお湯だけで洗顔すると皮脂が残ります。この際のお湯の温度は低めが良いです。
保湿の後、毛穴の目立つ場所のアイシング、ラップを使ったパック等もスキンケアの肌への浸透が格段にアップします。

 

2.バランスの良い食事
緑黄色野菜―肌にとって必要なβカロテンが含まれている。
タンパク質―肌にとってタンパク質はメイン材料。
糖質―糖質は適量が必要。糖質を減らし過ぎると体内の水分が減り、肌の潤いも失われます。ただし、現代は糖質過多の方が多いので摂り過ぎに注意しましょう。
脂質―脂質を減らし過ぎるとカサカサ肌に。糖質同様、脂質も減らし過ぎると肌の潤いを失う原因になります。脂質+カロテン、ビタミンE、リコピンなど一緒に摂ると吸率が上がります。

 

3.紫外線対策
紫外線の波長の短いUV-Bは、表皮に吸収されるため、しみ・そばかすの原因になります。紫外線のUV-Aは、真皮にあるコラーゲンを劣化させて肌の弾力を失わせて老化を進めます。

UVケアはSPFやPAが高いものを選べばいいというわけではありません。

シーンに合わせて日常生活レベルならSPF20・PA++を目安にしましょう。
肌が敏感な方は、紫外線吸収剤不使用のノンケミカルタイプがおすすめです。

当クリニックの毛穴治療

モザイク

Lutronic社のフラクショナルレーザー『モザイク』は、米国FDA、主要ヨーロッパ各国の厚生労働省認可のフラクショナルレーザー機器です。皮膚再生、育毛効果をもったフラクショナルレーザーです。古くなった皮膚(肌)を新しい皮膚に入れ換えるレーザーで、細かいシワ、シミはもちろん、毛穴の開き、にきび、にきび跡、傷跡にも大変効果的なレーザーです。フラクショナルレーザー「モザイク」は、施術回数を重ねることで、毛穴を目立たなくさせます。