男性の薄毛

Clinical informatio

  1. トップページ
  2. 診療案内
  3. 悩み別
  4. 男性の薄毛

AGA(男性型脱毛症)を解決するには男性ホルモンをブロックするだけでなく必要な栄養素を入れることが必要

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

 

 

原因

 

男性ホルモン
AGAを引き起こす主な原因となっているのはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの一種です。
テストステロンは、5αリダクターゼと結びつくことによって、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換されます。
ジヒドロテストステロン(DHT)は、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつくと、髪の毛の正常なサイクルを狂わせてしまうのです。

遺伝
AGAの主な原因は男性ホルモンの影響ですが、そのホルモンの生まれつきの分泌量や感受性を決めるのは遺伝子です。
親からの遺伝で、生まれつき脱毛を誘発する5αリダクターゼの量が多い方の場合は、やはり抜け毛や薄毛になりやすくなる傾向にあります。

 

ストレス
ストレスが溜まってしまうと、自律神経が緊張し、血管が収縮してしまうため、頭皮の血行が悪くなります。
血行が悪いと毛根への栄養が十分に行き届かなくなります。
髪の毛の成長に必要な栄養が届かない状態は薄毛の原因となってしまいます。

 

 

食事
脂分・塩分・糖分を多く含む食べ物を食べ過ぎてしまうと薄毛の原因となってしまいます。
多く摂り過ぎると血行が悪くなり、髪の毛に栄養が届けることができなくなったり、代謝が悪くなることによって頭皮の状態も悪くなってしまいます。また、髪の毛の主成分であるタンパク質が不足すると髪の毛はどんどん細くなってしまいます。

 

 

生活習慣
睡眠不足、運動不足など生活習慣の乱れも原因になります。
睡眠不足の状態では、栄養がきちんと髪の毛まで届けられません。
また、運動不足も血行が悪くなってしまうので、ヘアサイクルの乱れの原因となってしまいます。
意識して体を動かしましょう。運動することで血行が良くなり、ストレス解消にもつながります。

 

 

当院での治療方法
男性ホルモンをブロックする内服薬を処方することはもちろんですが、それだけでは十分ではありません。髪の毛を作るのに必要な栄養素を投与することや血流を良くする薬や器具を使って毛髪の再生を促します。その方の栄養状態を見て食事の摂り方もアドバイスします。

内服薬での治療(自費診療):

・プロペシア   28錠 8,000円
・ザガーロ    30カプセル 10,000円
・フィナステリド 28錠 6,000円  
・ミノキシジル  100錠 12,000円

医療用LEDライト(ヒーライト) 1回 5,000円 (自費診療)

 

 

9月より再診のみ遠隔診療が可能となります。