院長あいさつ

Greeting

  1. TOP
  2. 院長あいさつ

地域の皆さまに信頼され、
安心していただける
身近な「かかりつけ医」を目指します

このたび愛知県名古屋市昭和区の鶴舞線いりなか駅周辺にいりなか駅前皮フ科ビューティークリニックを開院させていただくことになりました。
当クリニックでは皮膚科、美容皮膚科の診療を行ってまいります。皮膚が健康であるためには体の中が健康でなくてはなりませんし、皮膚がきれいであると気持が明るくなって精神的な健康にもつながっていきます。ですのでただ薬を処方するだけでなく、生活背景なども問診しながら食事、嗜好品などの生活習慣の改善も提案していきます。
今までに培ってきた経験を活かし、地域の皆さまに信頼され、より安心していただける身近な「かかりつけ医」となれるよう、日々努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
皮膚について困っている方、異変を感じている方、さらに上質な肌を目指している方はお気軽にご相談ください。

院長 祖父江 千紗

経歴

名古屋市の聖霊病院にて生まれ、名古屋市内の中学校・高校を卒業。中高一貫の女子高でのびのびと過ごし、三重大学医学部に進学しました。
医師となってからは臨床研修ののち麻酔科を志し、名古屋市立大学病院にて手術室の麻酔・集中治療室の重症患者の全身管理を行いました。この時の経験で様々な疾患に対処することを勉強したことは、のちに内科医として働いたときに大きく生きました。また上手く注射する技術を磨いたことで、ボトックスやヒアルロン酸注入を痛くなく行うことができ、今でも役立っています。

その後、名古屋市内の内科・皮膚科クリニックで院長を務める機会をいただき、幅広く内科疾患・診療所レベルの皮膚科疾患に対処し、患者様との長い関係性を作ることの大事さも学びました。内科や皮膚科の患者様の中には、高血圧・糖尿病・アトピー性皮膚炎・ニキビなど処方薬を使っていても治らない慢性疾患が多いことに気づき、なんとか治す方法はないものかと模索していました。そのうちに栄養療法に出会い、慢性疾患の本当の原因を探し出し、本来の治癒力を高めることで治すことができるという可能性を見出し、その研究に注力するようになりました。

また、美容皮膚科に関しても多くの患者様に恵まれ、様々なスキンタイプに合わせた治療を経験することができました。徹底的に美しい肌を追求することに余念がなく、患者様からは好評をいただき、独自の美容法をお伝えしています。
栄養療法を研究し始めて数年後、自身の子供がアトピー性皮膚炎になるという経験をして、ますます熱心に研究することになりました。患者様のために始めた研究が自身の子供にも生かすことができるようになり、神様が与えてくれたチャンスと思って試行錯誤を繰り返しています。子供のアトピー性皮膚炎も軽快し、この手法を身近な患者様にも役立てたいと思うようになり、いりなか駅前皮フ科ビューティークリニックを設立いたしました。

趣味:食べ歩き、子供と公園に行ってぼーっとすること、旅行

  • 高校入学

  • インド旅行