メニュー

院内ブログ

トラネキサム酸配合のおすすめ美容液3選|トラネキサム酸の効果と仕組み(2022.04.13更新)

トラネキサム酸は、注目されている美容成分です。

2002年に厚生労働省から有効成分として認められて以来、多くの化粧品に配合されました。

そこで今回は、トラネキサム酸の効果の解説や、トラネキサム酸入り美容液の紹介をします。

ぜひ美容液を購入する際の、参考にしてください。

 

トラネキサム酸とは?

トラネキサム酸とは、合成アミノ酸の一種です。

美容成分としては炎症を抑える効果があり、メラニン生成を抑えたり、肌トラブルを防いだりする効果に期待できます。

特に効果を感じられるおは、以下の2つ。

  • 美白効果(シミの原因となるメラニンの生成を抑制)
  • 抗炎症作用(炎症性のシミやニキビ跡の改善)

その他、そばかすにも効果があると言われているため、美白を目指す女性に、おすすめの成分なのです。

 

トラネキサム酸の仕組み①シミ

トラネキサム酸がどのように働くかは、どのようにメラニンが生成されるかから説明する必要があります。

まず、肌は紫外線を浴びるとメラニンを作りだす「メラノサイト」と呼ばれる細胞から、メラニンの生成をする指示が出されます。

このときトラネキサム酸は、メラノサイト活性化因子の一つである「プラスミン」や「プロスタグランジン」などの働きを抑えてくれるのです。

そのため、メラニンの生成を防ぎ、シミ予防に繋がります。

 

トラネキサム酸の仕組み②抗炎症

トラネキサム酸が炎症に効果があるのは、「プラスミン」という物質を抑える働きがあるためです。

プラスミンというのは、血液が固まるのを防ぐための物質です。

プラスミンは炎症反応やアレルギーにも関わっているため、トラネキサム酸がその働きを弱めることにより、炎症反応やアレルギーを抑えてくれます。

そのため、ニキビやニキビ跡の他、湿疹やじん麻疹などにも、トラネキサム酸は効果的です。

 

トラネキサム酸とm-トラネキサム酸について

トラネキサム酸には、トラネキサム酸とm-トラネキサム酸の2つの呼び方があります。

しかし、どちらも同じ成分です。

m-トラネキサム酸は、資生堂がトラネキサム酸のメラノサイトの活性化を抑制する美白成分という部分に焦点を当てて、区別したものになります。

何か大きな違いがあるわけではないので、特に気にする必要はありません。

 

トラネキサム酸配合の美容液の効果

トラネキサム酸を配合している化粧品は、美容液や美白クリーム、化粧水など、多くあります。

これらの化粧品は、まったく効果がないわけではないものの、大きな改善は期待できません。

なぜなら、市販の化粧品では、トラネキサム酸の含有量が少ないからです。

医療用医薬品と比較すると、効果は低いと言えるでしょう。

ただし、予防効果には期待できます。

「一度トラネキサム酸を試してみたい」という人は、市販の化粧品を使用してみてください。

 

おすすめのトラネキサム酸配合美容液3選

おすすめのトラネキサム酸配合美容液を、3つ紹介します。

  • HAKUメラノフォーカスV
  • TRA-SIMi ZトラシーミZ
  • HAQAGE ハクアージュ

それぞれの特徴や効果について解説するので、市販で試してみたい方は、ぜひ参考にしてください。

また、さらに効果のある医療用医薬品を使ってみたい場合は、お近くの皮膚科などに相談してください。

 

HAKUメラノフォーカスV

参考価格 11,000円
内容量 40g
有効成分 4-メトキリサリチル酸カリウム塩 ・トラネキサム酸

HAKUメラノフォーカスVは、2種類の美白有効成分が配合されている美容液です。

白いクリーム状のやわらかいテクスチャで、肌の上でよく伸び、肌の角層まで届けてくれます。

さらに、保湿成分も含まれているので、肌に潤いを与える効果にも期待。

乾燥肌の人にもおすすめです。

 

TRA-SIMi ZトラシーミZ

参考価格 3,080円
内容量 20g
有効成分 トラネキサム酸・グリチルレチン酸ステアリル

TRA-SIMi Zは、トラネキサム酸を高濃度2.0%配合している美容液です。

さらに、抗炎症や抗アレルギー効果があるとされる「グリチルレチン酸ステアリル」も配合されています。

そのため、シミ・そばかすやニキビだけでなく、肝斑にも効果的。

牡丹エキスやアロエエキス、米ぬか油などの天然由来成分も配合されているので、どんな肌質の人でも安心して使えます。

 

HAQAGE ハクアージュ

参考価格 13,200円
内容量 20g
有効成分 トラネキサム酸・ハイドロキノン誘導体・ビタミンC誘導体

HAQAGEは、元々クリニック専売品として販売されていた美容液です。

有効成分として、トラネキサム酸の他、ハイドロキノン誘導体やビタミンC誘導体も含まれており、強い効果が期待できます。

さらに、ヒアルロン酸や天然ビタミンEなどの保湿成分も配合。

余計な成分を配合していないので、乾燥肌や敏感肌の人でも使えます。

 

まとめ

美容液を選ぶ際は、トラネキサム酸が配合されているかを確認してみましょう。

トラネキサム酸は、シミやそばかすの他、ニキビやニキビ跡にも効果があるので、お肌の悩みを解決へ導いてくれます。

ただし、市販の化粧品では実感できない場合もあるので、効果に満足できない場合は、クリニックへ相談してみましょう。

自身の肌の悩みに合う美容液を見つけて、ぜひ綺麗な肌を手に入れてください。

 

名古屋市昭和区のニキビ治療なら当院で

 

 

文責 いりなか駅前皮フ科ビューティークリニック  院長 祖父江 千紗

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME